QLOOKアクセス解析

在来野菜

在来野菜

加賀野菜とか京野菜のことを伝統野菜とよく聞きますが、
DSCF4751.jpg
伝統野菜じゃなく、在来野菜という言い方もあるのは初耳でした。


で、この記事を読んでの感想。
DSCF4757.jpg
「食感がよい」「生命力がある」

「食感がよい」…なんとなく意味分かります。

「生命力がある」…意味分かりません。



種をまく→芽が出る→花が咲く→収穫→種を採る→種をまく
DSCF4752.jpg
日本では、この循環が貴重になっている。

そうかもしれないです。

NHKの「やさいの時間」とか野菜栽培の本では

種は種苗会社から殺菌消毒され、発芽率の良い種を買うべき、と言うてます。

自家採取の種は病気を引き継いでいる可能性もある、とも言うてます。

まぁ、家庭菜園程度なら種屋から買ってもいいと思います。

が、

しかし、

伝統野菜というか在来野菜は自家採取の種を使うやろうな。

それしないと伝統じゃなくなります。





で、いつも気になる言葉「昔ながら」
DSCF4754.jpg

「昔ながらの味」

今食べている野菜は品種改良され大量生産可能な交配品種。
DSCF4753.jpg

交配品種なら形、味は昔と違うと思うんやけれども、

在来野菜のキュウリを食べ、

「昔ながらの味がするキュウリ」という言葉を使うと

スーパーで買うキュウリは、

「昔より味が落ちたキュウリ」という印象を受けるんです。

「昔ながらの味」という言葉、自分は昔の味が分からないということもありますが、

あまり好きではないです。








日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると大変ありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 にページが変わります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。