QLOOKアクセス解析

トウガラシ

トウガラシ

ここまで生長しました。

DSCF4465.jpg


近くで見ると、
DSCF4463.jpg

DSCF4462.jpg

こんな感じ。





同じ「辛さ」でも「トウガラシ」と「わさび」「からし」とは違うなぁ。

「わさび」「からし」は鼻にツーンとくるけれども

「トウガラシ」は来ない。

なんでやろ?

「辛味」の成分が違うんやろうと思うけど、



まぁ・・・どうでもいいです。



テレビ番組(おそらく「所さんの目がテン!」)で、

「熱い料理にはトウガラシで辛さをプラス」

「冷たい料理にはからしで辛さをプラス」

これが「トウガラシ」と「からし」の使い分けと言うてました。

トウガラシの場合、冷たいと辛味が弱くなり、熱いと辛味が強くなる。

からしの場合、熱いと味が消える。

こんなこと言っていたかすかな記憶があります。






トウガラシを乾燥させたものを鷹の爪。

そして、この鷹の爪を粉末にしたのが一味唐辛子。



それは違うぞ! 

imageCAETKI8L.jpg


鷹の爪はトウガラシの品種なんや!

トウガラシの品種には

「本鷹」「三鷹」「鷹の爪」「八房」「島唐辛子」等々

いろいろあるんや!



なんて、自分も最近知ったことなんです。











※※※ ナイフとフォークは気にするけど ※※※

当然、和食にもルールがある。

気にはしていたけど、実践したことはないなぁ。

DSCF4466.jpg


料理がこぼれないよう手のひらで受ける「手皿」。

これはついついしてしまう。

そうやな、こぼれないように手を添えて

こぼしてしまったら、恥ずかしいな。

上品そうに見えて、実はしてはいけない行為やったんやな。

そして、箸を使う行為で、

DSCF4471.jpg


箸をなめる「ねぶり箸」

汁をたらし口に運ぶ「涙箸」

何を食べるか迷って箸を動かす「迷い箸」

刺して食べる「刺し箸」

うんうん、これらは聞いたことがある。

が、

しかし

器の上に渡してのせる「渡し箸」

箸を口から上にあげる「上げ箸」
DSCF4469.jpg

これは、知らんかった。

この歳になっても知らんことばかりや。

洋食のナイフとフォークの使い方は

神経質なほど気にするけど

和食の箸の使い方は気にしない。

これはダメやな、反省。

けど、「渡し箸」だけは居酒屋でやりそうや。









日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると大変ありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 にページが変わります。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。