QLOOKアクセス解析




今年もお袋の実家近くの山に梅取り。

こんな感じ。
DSCF3988.jpg


近くで見ると
DSCF3991.jpg


DSCF3989.jpg
こう




そして、これだけ収穫。
DSCF3992_20130701100320.jpg

DSCF3993_20130701100922.jpg
品種は分かりません。

去年もここの梅を取り、梅干にしました。

今年の梅はカリカリ小梅のように小さいのが多いような感じです。


小さいのはこんな風に「梅ジュース」「梅サワードリンク」

残りは「梅干」。

「梅酒」は昨年?一昨年?のが残っているんでしません。





「梅干」は腐らない。

以前、テレビで100年以上前の梅干が紹介され、

水に戻し食していたのを見た憶えがあります。

が、しかし

スーパー梅干(スーパーで売っている梅干)の能書き(注意書き?)で

賞味期限YY年MM月DD日、

着色料使用、

冷蔵庫で保存してください・・・とありました。

えっ?

梅干って腐らないのと違うん?

ウチの場合、というか梅干を作っている人の感覚では

賞味期限? 梅干なら無いやろ。

着色料? 赤ジソのことやな。

冷蔵庫で保存? 常温で大丈夫やと思うんやけれども。


聞いた話によると

梅、赤ジソ、塩の組み合わせには協力な殺菌作用があるらしいです。

だから「スーパー梅干」の能書きは変やと思います。










日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると大変ありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 にページが変わります。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おはようございます。

梅干しもいろいろで、家庭で作る梅干しは,100%純粋だと思います。
大きな梅干しやさんでの制作過程を見ると、何度も水を使っています、洗うのです。
推察するに~家庭で丁寧に作られた梅干しと、成分が違ってきているような気がします。

低塩とか特殊な梅干しはもしかしたら要冷蔵かも知れませんよ。

こんにちわ

> 梅干しもいろいろで、家庭で作る梅干しは,100%純粋だと思います。
> 大きな梅干しやさんでの制作過程を見ると、何度も水を使っています、洗うのです。
> 推察するに~家庭で丁寧に作られた梅干しと、成分が違ってきているような気がします。

着色料が保存の邪魔をするのでは?

と書いてあるブログもありました。

> 低塩とか特殊な梅干しはもしかしたら要冷蔵かも知れませんよ。

今、思うといただき物の甘酸っぱい梅干も要冷蔵と書いてあった記憶があります。

やっぱり梅、赤じそ、塩のみで作る酸っぱい梅干の方がいいと思います。
お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。