QLOOKアクセス解析

旬の野菜

今朝、「桂文枝の演芸図鑑」という番組で

桂文枝師匠と料理人の土井先生の

対談がNHKで放送されていました。

image_20130602091238.jpg


新聞を読みながらだったので、

詳細はあいまいなのですが、

こんなことを土井先生が言っていたと思います。

野菜は旬のものはおいしいばかりでなく、

その野菜のエネルギー、力をいただいているとのこと。

たとえば

「春は芽」を食す。

たけのこ、山菜の芽のように、

芽にはこれから夏に向け生長するためのエネルギー、力がある。

それをいただく。


「夏は水」を食す。(水…これは記憶があいまいです。)

スイカ、きゅうりのように、

水には夏の炎天下でも、自分の子孫を守るエネルギー、力がある。

それをいただく。


「秋は実」を食す。

木の実のように、実(種)には子孫を残すエネルギー、力がある。

それをいただく。


「冬は根」を食す。

根には、来年に芽を出すためのエネルギー、力がある。

それをいただく。


野菜を食べるということは

その栄養ばかりでなく、

そのエネルギー、力もいただいているとのことでした。


ふーん、なるほどねぇ。



料理、しゃべり、知識、

さすが、土井先生や。




しかし、

土井先生がこれを見たら、何と言うんかな?

「植物工場」
DSCF3650.jpg

DSCF3651.jpg

1年中、四季に関係なく栽培できる

気候の影響を受けず安定的に供給でき食糧不足に備える

黄砂、PM2.5の心配がない、とか

いろいろメリットがあるみたいです。

が、

しかし

土井理論によれば

四季に関係無く栽培するんやから、

栄養素は有るんやけれども、エネルギー、力の無い野菜

って、ことになるんやろなぁ。








日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると大変ありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 にページが変わります。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。