QLOOKアクセス解析

野菜づくりの本

この冊子を購入予定です。







去年、野菜づくりの手伝いをしていて、

ウチの親は勘と経験だけで野菜づくりをしていると実感しました。

NHKテレビの「やさいの時間」を見ても

「ウチにはウチのやり方がある。都会の野菜づくりとは違う」とか言っています。

勘も経験も大事です。

しかし、

ちゃんと育てばいいのですが、失敗した場合の対処がそのままなんです。

失敗の原因を天候、種、肥料、時期・・・何が悪かったのか考えないのです。

今年は運が悪かった、来年はうまく行くだろう・・・

なんて気楽に考えています。

害虫、害鳥対策もあまりしません。

このまま親の言う通りに野菜づくりをしていても進歩がありません。

だから、私のような素人には参考書が必要なんです。









日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると大変ありがたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは♪
「北陸の野菜づくり」なんて本があるんですね。
その地方にあった栽培方法が載ってるんでしょうね!
野良男さんのおっしゃる通り、うちのグランマも勘だけで栽培していました。
出来の悪いときには「なんでやろなー」と。。。
農薬使うし、化成肥料だし、土のことなんてな~んにも考えていません。自分が菜園をしだすと、よ~くわかりました。
よってわたしは、グランマを栽培のバイブルにはしておりません。
野良男さんも参考書片手に頑張ってね!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます。

> こんばんは、頑張っておられますね。 
>
> 私の父は高齢のため、足が弱っていますが、口だけは達者です。体が動かなくなっても口だけは出すのが親なのかも知れません。

そうなんです、口だけは達者なんです。

畑が家の裏にあるので、車イスで来て私の野良仕事にいろいろ口出ししてきます。

心の中では、「やさい時間」ではこうしてたけどなぁ・・・と思いつつオヤジの

言う通りにしています。

オヤジも兼業農家でしたが「お前はまだまだや」が口癖です。

>
> アドバイスなるか分かりませんが…昔からやってきたお父様のやり方(慣行農法を)根本から変えるのは難しいかも知れません。

はい、分かっています。

全て変えるのではなく、少しづつできることからやっていこうと思っています。

>
> 畑の三分の一でもいいので、野良男様が好きなように作付をされるようにお父様と話し合われてください。つまり親子で競争する訳です。 

それはいいですね。何坪か好きにさせてくれと交渉してみます。

> 慣行農法が悪いとは思っていませんが…ただJAさんから教えられる、化学肥料中心の栽培よりも、堆肥をプラスされて減化学肥料の栽培が自分では味は良いように感じています。

私の目標も有機肥料+化学肥料+無農薬です。

>
> あと、地方野菜(加賀野菜)に興味があって、ブログでは記事にしていませんが、加賀白菜は甘みがあって美味しく頂いております。
>
> 夏は、打木赤皮甘栗かぼちゃを栽培しようと考えております。
>
>
> 加賀野菜頑張って作ってください


いろいろありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。
お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。