QLOOKアクセス解析

野菜の栄養

野菜の栄養価が減っていると耳にしたことがあるんだけど、

一番の原因は何だろ?

日本の気候の変化?

化学肥料に頼った野菜作り?




そうではなく

実は

究極を言えば

日本人のグルメ志向、健康志向!

と某サイトに載っていました。

テレビのグルメ番組で

旬に関係のない野菜がきれいに調理され出される。



野菜を食べれば健康になると発言する。



それを見た人が食事をしに行く。



飲食店が流行り、生産者にオーダーする。



生産者はビニールハウスで温度調節をし、季節に関係の無い野菜を育て出荷する。



要は季節感の無くなった野菜を無理やり育てているからだそうです。

野菜は適当な水、温度、肥料で育ちます。

けど、野菜の本心は

「おいおい、なんでだよ。今、自分が芽吹く時期?

水、肥料なんて要らないよ。勝手なことするなよ。

あら?根が生えてきた。

仕方ないなぁ。

生きる気が無いけれども、生きていける環境だから、身を任せるかな。」

こんな感じで育った野菜だから、栄養が少ないみたいです。



アスカのなちゅれクック


どこのサイトか忘れたけど、こんな文章がありました。

抜粋です。


日本には四季があり、その季節季節にふさわしい食べ物が育ち、

またそれらの食べ物が私たちのカラダを健康にしてくれます。

なんとうまくできていることか。

私たち人間も、自然の大きな流れのなかにいるのです。

それが、今の日本では旬を感じられる食べ物って、本当にごくわずかです。

いつでも欲しいものが手に入るのは一見豊かですが、

本当に大切なものとひきかえにしている気がしてなりません



「旬の食材」とは、

「消費者が住んでいるそれぞれの地域の自然の中で、

適期に適地で無理なく、食べごろに生産されたものであり、

新鮮で、栄養分があって、安全で、美味しいもの」です。



ふーん、なるほどね。


そうだった
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。