QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年「種」を買うだけの話

野菜を買うとき

「無農薬」か「有機栽培」かどうか、とは

よく聞くんやけれども

「固定種」か「F1種」かどうか、とは

ほとんど聞かない


スーパーに行くと

「この野菜は有機農法、無農薬で丹精込めて私が作りました」と

写真を載せて販売しているけど

「固定種」か「F1種」とは表示はしていない


「固定種」「F1種」 それ、どう違うん?



http://ing-hompo.com/modules/post/index.php?content_id=102

簡単に言うと

「固定種」とは「伝統野菜」「地場野菜」

「F1種」とは掛け合わせの「品種改良野菜」

>昔の農家は、野菜を収穫した後に、来年用の種を自家採取していたが、

 何かと便利なF1種が普及するにつれ、わざわざ種を採取しなくなり、

 種苗会社の種を購入するようになった。


はい、ウチもそうです

で、重要なのは

>ただし、F1種と遺伝子組み換え種はまったく別個の話

なんだな




先日、主に「品種改良野菜」の冊子「花と野菜ガイド」が家に届きました


ウチは伝統野菜は作ってないから
P1110501.jpg
ここで「F1種」を買います


「F1種」は親のいいとこ取りの野菜やから
P1110503.jpg
↑こんなんできるんやな





しかし

「F1種」から育った野菜の種は親と同じ性質にはならない…らしいです

聞いたことはあるけど「メンデルの法則」なんだな

http://noguchiseed.com/hanashi/f1/f1_1.html

>反面、交配種野菜からタネを採ると、
 
 優性形質3に対し、1の割合で隠れていた劣性形質が現れます。

(メンデルの第二法則「分離の法則」)

 野菜の場合、発芽速度、草丈、葉色、根群、果色は 

 あらゆる形質で劣性遺伝子が分離して顔を出すため、

 F1から自家採種したF2世代は、見るからにバラバラの野菜になってしまいます。

(F3世代は当然もっともっとバラバラになります)




結論は

「固定種」「F1種」とか考えず

毎年「種」を買うだけの話なんだな






おしまい







にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。