QLOOKアクセス解析

にんじん

にんじん


ここまで生長
P1100625.jpg

近くで見ると
P1100627.jpg
こう



にんじんには「正しい食べ方」があるんだな

その「正しい食べ方」以外は「間違った食べ方」か!と

ツッコミ無用


にんじんの秘密~野菜の豆知識
http://seo.seo-search.com/sub/syoku/ninzin.htm

>正しい食べ方

 日本人は昔からにんじんを生で使うより、

 煮たり、油で炒めたりと加熱調理してきました。

 これは、カロチンが油に溶けやすい性質を持っているから。

 カロチンは生だと1割程度しか吸収されませんが、

 煮ると3割、油と混ざり合うと5~6割も体内で吸収されます。

 また、カロチンは特に皮に多く含まれるため、

 丁寧に洗って皮付きのまま調理すると

 さらにカロチンを多く摂取することができます。


ふーむ、なるほどねぇ…



しかし

ひと言、ふた言

「カロチン」ではありません「カロテン」です

>丁寧に洗って皮付きのまま調理すると

にんじんの「皮」は薄い膜です

ニンジンの“皮”は皮じゃなかった!
https://ryorisapuri.jp/news/entry/2015/03/27/170000

>私たちがニンジンの皮だと思っているものは皮ではありません。

 本来のニンジンの皮は「内鞘細胞」という薄い膜。

>このカロテンがもっとも多く含まれているのが

 皮だと思ってピーラーでこそげとっていた表面の部分。

 栄養面を考えれば、

「ニンジンの皮は剥かなくてもいい」のではなく

「ニンジンの皮は剥いたらダメ」といえそうです。

そして

>ニンジンを選ぶときは茎の切り口を見てみましょう。

 茎が大きければ芯が太いということです。

 つまり
 
 それだけ栄養が多く含まれている外側の部分が少ないということ。

 茎の切り口が細いものを選べば、栄養豊富な外側が太いというわけです。




naru.jpg



おしまい




にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。