QLOOKアクセス解析

毎年「種」を買うだけの話

野菜を買うとき

「無農薬」か「有機栽培」かどうか、とは

よく聞くんやけれども

「固定種」か「F1種」かどうか、とは

ほとんど聞かない


スーパーに行くと

「この野菜は有機農法、無農薬で丹精込めて私が作りました」と

写真を載せて販売しているけど

「固定種」か「F1種」とは表示はしていない


「固定種」「F1種」 それ、どう違うん?



http://ing-hompo.com/modules/post/index.php?content_id=102

簡単に言うと

「固定種」とは「伝統野菜」「地場野菜」

「F1種」とは掛け合わせの「品種改良野菜」

>昔の農家は、野菜を収穫した後に、来年用の種を自家採取していたが、

 何かと便利なF1種が普及するにつれ、わざわざ種を採取しなくなり、

 種苗会社の種を購入するようになった。


はい、ウチもそうです

で、重要なのは

>ただし、F1種と遺伝子組み換え種はまったく別個の話

なんだな




先日、主に「品種改良野菜」の冊子「花と野菜ガイド」が家に届きました


ウチは伝統野菜は作ってないから
P1110501.jpg
ここで「F1種」を買います


「F1種」は親のいいとこ取りの野菜やから
P1110503.jpg
↑こんなんできるんやな





しかし

「F1種」から育った野菜の種は親と同じ性質にはならない…らしいです

聞いたことはあるけど「メンデルの法則」なんだな

http://noguchiseed.com/hanashi/f1/f1_1.html

>反面、交配種野菜からタネを採ると、
 
 優性形質3に対し、1の割合で隠れていた劣性形質が現れます。

(メンデルの第二法則「分離の法則」)

 野菜の場合、発芽速度、草丈、葉色、根群、果色は 

 あらゆる形質で劣性遺伝子が分離して顔を出すため、

 F1から自家採種したF2世代は、見るからにバラバラの野菜になってしまいます。

(F3世代は当然もっともっとバラバラになります)




結論は

「固定種」「F1種」とか考えず

毎年「種」を買うだけの話なんだな






おしまい







にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

「生えた野菜」と「植えた野菜」

「生えた野菜」と「植えた野菜」

この記事読んで
P1110498.jpg

「やっぱ野菜は、植えなくても生えるだな」

究極の自然栽培かもな

自然農法とは

「その土地に合う野菜の種を植え

 その土地のやり方で栽培すれば

 それなりになるんじゃー農法」・・・なんだな

ウチの場合

石灰を撒き、耕うんし、畝を立て、たい肥を施し、

30センチ間隔で2センチの深さに種を植えるみたいな
bf0fd418.jpg
NHK「やさいの時間」をまねた家庭菜園なんだけど

自然農法をしている人からすれば

「反自然摂理農法」になるんやろなぁ


その土地に合う野菜とは「種」を何代にも渡り採取して初めて

その土地に合う野菜となるんだな

だから

たとえば「京野菜」の「種」を植えても

気候が同じでも、その土地に合わないから

「京野菜」の形、味にはならないんだな

毎年「種」を「ホームセンター」から買って栽培している野菜は

その土地に合う野菜でなく

日本どこでも栽培できる野菜なんだな

そうでもしないとNHKで全国放送できないし





「生えた野菜」と「植えた野菜」の違いは

「ほったらかし」と「手入れ」

「生えた野菜」

「種」が自分でここなら生長できると選んだ土地

だから

「ほったらかし」でも育つ

「植えた野菜」

「種」は自分の意思でなく人が植えたもの

だから

「手入れ」が必要


私の結論

「野菜は植えないと生えません」

そして

今日の結論

「お前、何が言いたいんじゃー!」




おしまい

白菜

白菜

こんな感じ
P1110485.jpg

近くで見ると
P1110486.jpg
こう

はい、見た目通り失敗作です



全て自家消費にします

他人様には差し上げられません


おしまい








にほんブログ村
お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。