QLOOKアクセス解析

さつまいも

さつまいも


そろそろ収穫時期だし

モグラも食べに来そうなので
imo6.jpg

さつまいもを掘り起こした


邪魔な葉、茎を取り除き
imo1_201609241707327e2.jpg

imo2_201609241707337b6.jpg

そして収穫
imo3_20160924170735409.jpg


大きさはこのくらい
imo4.jpg

一輪車一杯の収穫でした
imo5.jpg




さつまいもはやせた土地出身だから

肥料を与えすぎると葉・茎が大きくなり

肝心の芋に栄養分が行かなくなり味が落ちるんだな

その加減が大事

いい加減に肥料を与えるのでなく

良い加減に肥料を与えないといけないんだな



葉物野菜とかは取れたてがおいしいけど

さつまいもは収穫してから日が経つと

水分が抜け甘味が増しおいしくなるんだな

だから、取れたてのさつまいもはあまりおいしくないんだな




おしまい






にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

生姜

生姜


ここまで生長したので
P1110201.jpg
掘り起こした

こんな感じ
P1110203.jpg

春に植えたのは7~8個
P1110202.jpg
生ったのは1株だけ

原因は植え付けのときの「根」の向き

逆に植えてしまいました

1株しか生姜が無い



しょうがない・・・




036.png




ウチの場合、生姜といえば
P1110204.jpg

イカ刺し、しょうが焼き、煮付け・・・こんな程度

今年は「甘酢漬け」にして

寿司屋さんで言うところの「ガリ」にでもしようか、と思てます

その他、レシピサイトでも見て研究します



おしまい






にほんブログ村

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用



今年の初栗
P1110169.jpg


栗はおいしいけど前処理が面倒なんだな

そこで

簡単な調理法を検索してみた

「アルミホイルに包んでオーブントースターで180度で15分」

「ポンという弾ける音がしたら完成」

とあったので試しにやってみた






しかし

「ポンという弾ける音」

でなく

バンという破裂音」で

↓こんな感じ
P1110197.jpg

栗が破裂しアルミホイルまで突き破った

オーブントースターでなく強い火力のグリルで焼いたからやと思てますが

しかし、あの破裂音には

title_innerpage_05.png





036.png













栗は分類上は果物やけど食感、味は穀物なんだな

なぜ果物か?

木になる穀物、野菜は無いからです。だから消去法で「果物」なんです

ホントか? っていうツッコミ無用


果物の語源は「木(く)の物」なんです。だから「果物」なんです

マジか? っていうツッコミ無用


地面に落ちている栗を拾うから「拾い物」なんです
P1110199.jpg







yjimageCYC0M20S_201609151125591e2.jpg




おしまい






にほんブログ村

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

白菜

ここまで生長
P1110187.jpg


近くで見ると
P1110188.jpg
こう


白菜は、甘みがあって淡泊やから

いろいろな食材と合わせやすいんだな

そして

白菜といえば、やっぱり「鍋」

私の経験から、白菜を大きめにカットして

「無水調理」とは言わないけど

ダシを少なくして蒸すようにした方が

甘味が多く出るんだな




070730.jpg






・・・はい







白菜を使ったご当地鍋と言えば

ズバリ!

「とり野菜味噌」を使った「とり野菜鍋」
toriyasai_20160913163744b0f.jpg

matsuya001.jpg

「とり野菜」やから「鶏肉」で無く

いろんな食材を「とる」の「とり」とのこと

そこで、やっぱりおいしいのは

ズバリ!

「豚バラと白菜の鍋」
miru.jpg

間違ってもこの鍋を「ミルフィール鍋」と言ってはいけないんだな





ウチで絶対にやらないこと

それは

白菜のザク切りというかブツ切り

以前、ザク切りしていたとき、虫までザク切りしてしまったり

白菜の漬物の中に1匹居たりして

それ以降、ザク切りはしていなんだな

一枚づつちぎって確認して切っているんだな











☆ ギャグやと思てます ☆

ネットで白菜の情報を調べていたら、こんなん見つけました

ヤフオクの巨大白菜
usoyaro.jpg



栃木県の森林地図
totigi.jpg




↓これはギャグではありません

マジです

白菜Tシャツ
はくさいT





もっときれいな白菜にすれば良かったのに…




おしまい






にほんブログ村

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

すずしろ

大根

ここまで生長
P1110185.jpg

近くで見ると
P1110186.jpg
こう


これは「まる大根」

あと「源助」と「白秋」を植える予定

三種類も植えてどうするん?

まぁ、大きく分けて

「まる大根」「源助」は「おでん」とかの煮物

「白秋」は「たくあん」

って感じなんだな


あとは「お福分け」

残り物は「お裾分け」






大根というと

「葉に近い部分が甘く、先の方が辛い」

よく聞く話やけど、何でやろ?

「大根ってそんなもんなんや」って言われてもなぁ

部位によって味が違うということは何か理由があるんやろなぁ

と思い調べてみた

そして、見つけたゾ!

冬野菜
http://www.muji.net/lab/food/120208.html

>冬の野菜が甘いのは、寒さから自分の身を守るために、

 水分を減らして糖分を増していくから。


なぜ、糖分を増すん?

>水分中の糖度が高くなることで、野菜は凍りにくくなるのです。

 水は0℃で凍るけど、砂糖を加えた砂糖水は0℃以下にならなくては凍らない


なるほど…

じゃ、なぜ、大根は部位によって甘辛があるん?

>地表近くは外気温の影響を受けやすいので、
daikonX_20160913105451481.jpg
 寒さで凍らないように自ら糖度を上げているのです。

 逆に、地中深くにある先端部分が辛いのは、虫から身を守るためだとか。




naruhodo_20160913105924032.jpg







おしまい







にほんブログ村

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

一粒残さず食べるんや

稲刈り

昨日、親戚の稲刈りの手伝いに行って来たゾ!
P1110181.jpg
七尾市田鶴浜町三引っていう在所

品種は「能登ひかり」
http://suzu-suehiro.com/feature.html


刈ったのはコンバインの入らない周囲3列と四隅だけ

たったこれだけの作業だけど、もう大変

昔の人は

稲を刈り、束ね、はざ干し乾燥、脱穀、籾すり

この一連の作業を全て手作業していたんだな

尊敬!

今は

コンバインで刈り乾燥機、脱穀、籾すり

全て機械作業

楽になったとはいえ、大変な作業やと思てます




「米」という文字は「八」と「十」と「八」に分けることができ「八十八」

米づくりのためには「八十八」もの手間がかかると、よく聞きます

「八十八」も手間がかかるかどうか分かりませんが

「米作り」は大変ということを実感した日でした



「米」は

「願いを込めるもの」

だから祭りで「米」を神様に納めるんだな





言いたいこと

「米作りは激務」

だから

「ありがたく一粒残さず食べるんや」


☆ 余談ですが ☆

ご飯を一粒残さず完食⇒ 知人「意地汚い食べ方するよね」 え…?
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2354772

ご飯を一粒残さず完食した人の知人が発した言葉

>「意地汚い食べ方するよね」

この知人「米作り」の「大変さ」を知らない人です

もしくは

中国の食事では感謝する気持ちが育たない
http://smile53.com/column/eat/respect.htm

>中国では食べ物のを残すことはむしろ美徳とされている。

中国の美徳を引き継いでいる人かもしれません









おしまい

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。