QLOOKアクセス解析




庭の桃の木に実が実ってきた
P1100636.jpg

P1100638.jpg

P1100637.jpg

まともに実る前に落果するから

観賞用「花桃」やと思てます


ちなみに昨年か一昨年の満開前の「花桃」
DSCF3196.jpg




「梅」「桜」「桃」の花の区別がよくわからない

だから

以前に書いたこれ
DSCF6127_201605290811125ec.jpg
「花桃」かもしれない







「桃」といえば大相撲の「桃智桜」

相撲界にもキラキラネームの波が押し寄せていた
http://matome.naver.jp/odai/2138136756222641901

momofan.jpg

>Berrys工房の「ももち」こと嗣永桃子にちなみ、
momochi.jpg

 しこ名を「桃智桜」に改名した。






元気?





おしまい






にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用



ウチの庭の桃
P1100410.jpg

P1100411.jpg

花が咲くけど、実は2~3個しか生りません

ネットでその原因を調べてみると

「日照不足と窒素不足であることが多い」と出てました

ウチの場合は日照不足とは考えられないから

原因は「窒素不足」



庭の桃

庭に化成肥料の窒素を与えることは無いから

このまま「桃見」を楽しむこことしました







※※※ コーヒーかすのたい肥 ※※※

かき混ぜてみると発酵が進んでいるのか少し温かく
P1100409.jpg

そして

コーヒーの香りも少なくなってます

そして、今日

その発酵を進めるために
P1100408.jpg

菌のエサとなる砂糖を加えた米のとぎ汁を混ぜました




畑のどこに蒔くか思案中




おしまい

実、生るん?




4月中旬の満開近しの桃。
DSCF3196.jpg



今朝の桃。

葉桜ならぬ葉桃です。


なぜ、庭に桃の木?

これは、十何年か前、おふくろが秋の植木市で買ってきたのを

植えたみたいです。

ほったらかしでも、ここまで生長しました。






よく見てみると
DSCF3499.jpg
桃の実?



こんなに毎年、生っていたんかな?

1~2個を実をつけたのを見たことがあるんやけれども…

毎年、生っているんやけれども、鳥に食べられたとも考えられるなぁ。

とりあえず生長を見守ります。
image_20130519092002.jpg こんな感じに生長して欲しいものです。




が、しかし

桃の手入れが分かりません。
image2_20130519092004.jpg
桃農家の人はこんな風に手入れしているんやろけれども・・・

ウチでできる?







以下はオヤジの小言です。

読み飛ばして結構です。



某果実サイトの桃の見分け方。

  ふっくらときれいな丸みをしていて、

  全体的に紅く色づいているものを選びましょう。

  皮の色は濃いほうが甘みがあり、

  色の濃い部分に白い点々が出ていればよりベター。

  また果皮全体にうぶ毛があり、香りの強いものがおいしい桃です。


野菜・果物の見分け方の話を聞いて思うのですが、

(以前にも書いたことがあります)

絶対的見分け方でなく、相対的見分け方を教えて欲しいと思っています。


たとえば、

  ふっくらときれいな丸みをしていて、

と言うのであれば

  ふっくらときれいな丸みをしているのは、こんな桃

  していないのは、こんな桃

  全体的に紅く色づいているものを選びましょう。

と言うのであれば

  全体的に紅く色づいているのは、こんな桃

  しいないのは、こんな桃

ということです。 




結論は、

素人でも、すぐ分かるように説明して欲しい

ってことかな。










日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると大変ありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村にページが変わります。



テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

ウチの庭の桃の花

毎年、2~3個の実が生ります。

実際、食べたことはありませんが。

桃3

桃1

桃5


「桜の木の下に死体」は皆、迷信だと言います。

が、未だに

「家の庭に実の生る木はダメ、家が腐る」と言う人がいます。



学生時代に「文化人類学」という科目があって、その先生が言うことには、

「ハッキリ言って迷信です。」とのこと。

自分のかすかな記憶なんですが、話の出所は

ある子供の居ない家に「イチジク」の木が庭にありました。

跡取りが居ないため、その家は朽ち果ててしまったそうです。

そんな時、近所のオヤジ連中の飲み会で出た話が

「あの家は、イチジクに家の生命力を吸われたから、朽ち果てたんや。

家の庭に実の生る木を植えたからや」

この与太話がだんだん広まっていったそうです。

あくまで先生の話ですよ。

いろいろ説があるらしいですが、迷信には間違いありません。

  

縁起が悪いと言われているのが

クチナシ…嫁に口が無い←バケモノやん

ツバキ…花が丸ごと落ちる=首が落ちる←落武者やん

ザクロ…果実が割れる←家族が割れる

まぁ、よく考えたもんです。



で、縁起が良いと言われているのが、

南天…難を転じる

千両・万両…字の通り

ダイダイ…名前が代々続く

クロガネモチ…苦労はしても、金持ちになる

エンジュ…延寿

自分が知っているのが、このくらい。

まだ、いろいろあるみたいです。












にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村にページが変わります。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。