QLOOKアクセス解析

キャベツ

キャベツ復活


こんなだったキャベツが
musi.jpg


こんなんに生長
P1100471.jpg


意外と強い


キャベツと言えば「キャベジン」
キャベジンα_01


これ、ダジャレやと思てました

しかし

キャベツのフィトケミカルだったとは初耳です



おしまい






にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

キャベツ

春キャベツ


こんな感じで生長中
P1100229.jpg


近くで見ると
P1100230.jpg

こう



ふーむ・・・虫か鳥か


もうダメやな



温暖化とか

熊、タヌキ、ハクビシン?とか出たと耳にするけど

周りの環境が変わってきているから

野菜の防護策を考えないといけないなぁ



思てます



おしまい




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村

キャベツ

今朝のウチのキャベツ
P1100092.jpg

雪の中でしっかり生きてます

よく見てみると、表面の一部が紫色



調べてみた

http://www.coopnet.jp/products/qa/qa_kako_y.php

>キャベツをはじめ、ブロッコリーやカリフラワーなどのアブラナ科の野菜には

 アントシアンと呼ばれる紫色の色素が含まれています。

 気温の低い時期や寒さにあたると

 紫色に変わる現象が起きやすくなります。

 キャベツは、外気に直接あたる外葉だけが紫色になっており

 1枚むけば中は通常の緑色の状態です

 ブロッコリーやカリフラワーは、ゆでるなど加熱すれば緑色に戻ります。


なるほどねぇ

表面が紫色になる品種じゃなく

アブラナ科の野菜なら

気温の低い時期や寒さにあたると表面が紫色になるんやな

恥ずかしいことに初耳でした



そこで、今日のNHK「うまいッ!」
umai.png

キャベツを放送していました

気になったのがキャベツレシピ

http://www6.nhk.or.jp/umai/recipe/recipe.html?rid=69

キャベ玉焼き
recipe160207_01_1.jpg


今晩、早速、作ってみます






おしまい




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村

キャベツ

キャベツ

こんな感じで生長中
キャベツ1
虫よけの網を掛けてあります

昨日のレタスの網は鳥よけです


キャベツをおいしく食べる

テレビでこんなん放送してました
キャベツ2


キャベツ3




雪中 完熟野菜
http://www.zyr.co.jp/syun/yukimuro.html

↑これと同じことやな


けどなぁ

このサイトの解説では

雪中では湿度が90%以上、摂氏0℃で真っ暗で半休眠状態

冷蔵庫の中は暗いけど、湿度、温度はどうなんやろなぁ


この冷蔵庫保存、半信半疑です



キャベツと言えば

金沢カレーのトッピング
85a9b75c9f4cb0ee95b62c5d69029b581.jpg

自分が食べたいのはカレーライス

できればキャベツは別盛りにして欲しい派です

まぁ、キャベツは味の個性を主張しないから

どうでもいいのですが・・・

そして

自分は

こってり系の金沢カレーより

さらさら系のココイチのカレー派です
78666851652145b412114a.jpg

3辛のポークがおススメ


あくまで偏見ですが

ビーフはカレーの味を変えるから好きではありません

ついでに「鍋」も

牛肉がおいしいのは「焼き」「スキヤキ」だけや、と思とります


カレーは飲み物というタレントがいます(いました?)

カレーは飲むと「胸焼け」を起こします

それは胃に刺激を与えるカレーのスパイスは

噛むことなく飲み込むと胃で消化不良を起こすからです・・・知らんけど












※※※ 真剣なんです 笑ってはいけません ※※※


これ、ザ・ドリフターズのコント
dorihu.jpg



これ、ザ・パククネーズのコント

韓国・水フォーラム開幕式で3メートル水時計模型倒れ騒然
http://www.sankei.com/world/news/150412/wor1504120029-n1.html

paku2.jpg

これ、結果として、どうなれば成功やったんやろなぁ?

>予想できない事故

上を引けば、倒れるのは当たり前なんやけれども

当事者はそんなことも予想できんかったんかな?

これ

予想できました








このとき
paku3.jpg

パクさんは

長介さんのように

「ダメだ、こりゃ!」と言っていたに違いありません・・・知らんけど

dameda_20150317073537673.jpg






おしまい

キャベツ

キャベツ


ここまで生長
DSCF6397.jpg

そして収穫
DSCF6398.jpg



味は?


普通のキャベツ味でした



キャベツのことをネットで調べていたら、こんなんありました


トレビス
とれべす1

別名「レッドレタス」だそうです

「赤チコリ」とも言うそうです


これは「紫キャベツ」
紫きゃべつ


見た目は良く似ています



間違えて買いそうやけれども

地元のスーパーでトレベスって売っているんかな

見たことない・・・と思てます





おしまい






日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけるとありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 にページが変わります。

キャベツ

春キャベツは「丸い巻きの緩いキャベツ」

冬キャベツは「扁平の固い巻き」

これはウチの冬キャベツ
DSCF6366.jpg

DSCF6367.jpg


以前は

栽培する時期によって春キャベツと冬キャベツに違いが出る

と思っていたんやけれども

実は品種が違うんです

恥ずかしながら知りませんでした

このまま虫に食われず、順調に育って欲しいものです



※※※ 余談ですが ※※※

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141004-00000002-asahi-soci

先日、この記事を読んでfacebookにこんな投稿しました

  中国にも同じような憲法があるのなら

  憲法第9条は変える必要は無いと思てます


  憲法には改正する際のルールがちゃんとあります

  「ルールを変えるルール」があるのに

  それを使おうとすると「軍国主義だ!」と言う人たちの考えが

  理解できません


と。



それ取り消します

http://news.militaryblog.jp/e592606.html

e5afb23c-s.jpg

中国軍の開発中の多脚戦車です

これ

足の接地面が足りなくて、

撃ったらその衝撃でめり込んで、脚が抜けなくなりそうです

足がもつれてズッコケます

脚1本でも折れたらただの不燃ごみです


自分が軍の開発の責任者だったら



却下






・・・もしかして

日本のアニメの影響か?

lrg86286_1_598655.jpg




まだこっちの方がいいと思います




おしまい





日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけるとありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 にページが変わります。
 

能登野菜

能登の野菜

能登野菜「世界に通用」
能登野菜1

フランスの一つ星レストランのシェフが

言うているとのことです。




京野菜、加賀野菜、能登野菜とかの伝統野菜というか

地場野菜はそこの気候風土に応じた野菜。

そこの気候風土に応じた野菜ということは

他の地域で同じ野菜を作っても同じ味には

ならないとのことらしいです。

と、いうことは、

能登の気候風土とフランスは同じということか?

と一瞬思ったのですが、

よく読むと、フランス料理との相性が良い。

能登野菜2

フランス料理との相性?

よく分かりません。

恥ずかしい話、

自分はフランス料理を食したことは

生まれてこのかた3回しかないからです。



だから


この記事


なんも言えません。




で、ウチの能登の野菜(能登野菜ではありません)

冬キャベツ


畑のキャベツ
キャベツ1

葉が割れてきたので

  親父が「おー、完熟キャベツや」と言うとりました。

  完熟キャベツ・・・そんなんあるんか?

収穫し
キャベツ2

周りの汚れた葉を取ると
キャベツ3


こんな感じ。



味は?




普通においしい冬キャベツでした。





おしまい。








日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけるとありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 にページが変わります。

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

冬キャベツ

冬キャベツ

ここまで生長
DSCF5049.jpg

近くで見ると
DSCF5050.jpg
こう・・・虫の食った後が気になるなぁ。

寒くなってくるから、そんなには荒らされないと思いますが。




冬キャベツは、

形が楕円で葉の間には隙間がなくて、

葉は硬くて厚いです。

サラダ、焼きそば、野菜炒めに使うぐらいです。


ちなみに、

春キャベツは、

形が丸くて小さく葉の巻き方が緩く、

葉は柔らかくて薄いです。

水分が多く甘味があってサラダや浅漬けがいいです。

しかし、加熱調理には向いていないような気がするんやけれども・・・


もひとつ、ちなみに

キャベツのフィトケミカルはグルコシノレート。

カテキン、イソフラボン、β-カロテンとかは、よく耳にするんやけれども、

グルコシノレート・・・初めてや。

キャベツを食べると酵素により、

イソチオシアネートに変化する…そうです。




おしまい。







日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけるとありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 にページが変わります。

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

虫付きキャベツ

虫付きキャベツ


ウチのキャベツ。

虫に食べられて、こんな感じ。

見た目、悪いなぁ。

虫の食べた葉をむくと大きさは8割ぐらいになってしまうな。


やっぱり、無農薬で野菜を育てるのなら

虫の来ない防衛策をとらないとダメやな。

昔からウチのキャベツはこうでした。

進歩無し!



で、

ふと思い出したのが「コンパニオンプランツ」。

調べてみると

キャベツの「コンパニオンプランツ」は

なんと

「トマト」

知らんかったなぁ。


☆オヤジのお野菜講座☆

 コンパニオンプランツとは、

 一緒に植えることで病気や虫から守ってくれたり

 生長がよくなったりする植物の組み合わせのこと

 です。



家庭菜園検定の記事を書いた時、

今年はコンパニオンプランツも使い畑仕事をしようと

思っていたのに、完全忘却していました。

残念。





お暇なら、ここ読んでください。








日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると大変ありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 にページが変わります。

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

変な虫が付いていなかった

キャベツ

このキャベツを
DSCF3603.jpg


洗い
DSCF3605.jpg


バサッと切る
DSCF3608.jpg
こんな感じ

キャベツには虫が付き物



今はまだ虫のシーズン前やからいません。

変な虫は付いていませんでした。



そして

このキャベツを千切りにしていただきました。
DSCF3609.jpg
うん、普通においしい。



キャベツを千切りにすると苦味が出る、と聞いたことがあるんやけれども

うーん、苦味?

「苦味があるか、無いか」と言われれば

「あるような、無いような」

「甘いキャベツの味」という感覚しか無いなぁ。






某キャベツサイトでの

「おいしいキャベツの見分け方」で

カットキャベツの場合は、

「キャベツの芯がキャベツの高さに対して2/3程度あるものを選びましょう。」

とありました。

ウチのキャベツの芯はキャベツの高さに対して1/2程度。
DSCF3607.jpg
じゃ、このキャベツは失格キャベツ?

スーパーでは売れ残り候補になるんやな。

けど、人様に売ることないから、どうでもいいです。








関係無いけど、

「甘い」でなぜか思い出した言葉が

「青空レストラン」の宮川大輔さんの「うまーーーい!」
E99D92E7A9BAEFBC92.jpg
「宮川大輔、お前は、うまい!としか言えないのかよ」

とネットで叩かれているのを「見たこと」があります。

「読んだこと」はありません。


けど、食通(自称?)グルメレポーターがいろいろウンチク言うより

「うまーーーい!」が一番印象に残ります。

って、自分だけか?

口にものを入れて「うまーーーい!」と言うのは下品ですが。









日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると大変ありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村にページが変わります。

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

何でも掛け合わせればいいって・・・いうもんじゃないと思うんです。

きゃべつ


ここまで生長しました。
DSCF3551.jpg

こんな感じ。
DSCF3552.jpg
これは、まだ食するまで日がかかりそうです。


きゃべつに、はまっていたのが、

塩昆布と混ぜるだけの

超お手軽手抜き料理「きゃべこん」

きゃべつと昆布だから「きゃべこん」
sio.jpg

昆布の旨みでの浅漬けです。

これも美味!








それは違うぞ!
imageCAETKI8L.jpg





「きゃべこん」とはこれだ!
34128552fc7caa8b16a5-LL.jpg

きゃべつと大根を掛け合わせた「きゃべこん」







おいおい、大丈夫か?

誰が考えたんやろ?





これがスーパーに並んでいる様子、

そして、買っている様子を想像すると

笑えるなぁ。

買った人は目立つやろなぁ。






そして、初めて見る人の反応は、
image_20130521160751.jpg

こんな感じかな。








日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると大変ありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村にページが変わります。




テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

キャベツ

これも冬越えのキャベツ。

DSCF2831.jpg

DSCF2830.jpg

収穫は6月ぐらい?

よくわかりません。



キャベツの料理といえば

漬物、野菜炒め、サラダ、焼きそば、スープ…ぐらい?










そしてキャベツで思い浮かぶのが「金沢カレー」

220px-Chancurry001.jpg

カレーにキャベツが添えられています。

なんでカレーにキャベツ?

金沢カレーはコテコテ系やから、その口直しのためかなって思ったりもします。

ソースにたとえると

ココイチのカレーはウスターソース

金沢カレーはとんかつソース

という感じかな。

自分はココイチ派です。

ポーク3辛が一番合います。










日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると大変ありがたいです。励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

きゃべつ



だから、

こうして虫除けすればいいのでは?

って言ったやん。


まるち



黒マルチ1






image_20120923100449.jpg

ぼろぼろのきゃべつ。
kyabetu1.jpg






きゃべつのため
↓クリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

きゃべつ

この夏、最初のきゃべつ。

周りの虫の居そうなところを取ったから、小さいなぁ。
きゃべつ1

以前の畑のきゃべつ。


これは春きゃべつ。


↓クリックしていただくとありがたいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

きゃべつ


虫食いだらけのキャベツ。
きゃべつ

いくら無農薬だからって、これはいただけないなぁ。

やっぱり虫除けシートをかけて栽培しないとね。




野菜は緑黄色野菜と白色野菜に分けられるけど、

キャベツは緑色にも関わらず緑黄色野菜でないんダゼェ。

理由?






知りません。



↓クリックしていただくとありがたいです。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

きゃべつ

きゃべつ5-16

5月中旬ごろのキャベツ。



きゃべつ5-16-1

こう見ると、意外ときれいに見えますが、中には虫が居ます。

だから、家では、キャベツ、白菜とかのザク切りはしません。

一枚づつ、切ります。


にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


お客様
H24年8月からの訪問者です
プロフィール

野良男

Author:野良男
石川県七尾市に住む50男です。
平成24年から野菜作りを手伝い始めました。
それまでは、両親が野菜作りをしていたのですが、高齢のため私も野菜作りに参加することにしました。

あくまで素人なんです。
他の家庭菜園の皆さんのブログと同じ目線で見たら期待外れに終わるブログです。

そんな素人でも
「DASH村」のように野菜作りを楽しみ、「人生の楽園」のような生活を目指しています。

今までの記録です。

今までの全ての記事です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
コメントありがとうございます。
毎月のブログ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
日本ぶろぐ村
家庭菜園サイトの皆さんです。